〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-18-4

Tel.03-6413-7862

矯正歯科治療について

矯正歯科治療について|世田谷区で矯正歯科を行う桜新町矯正歯科

Orthodontics

矯正歯科治療について

矯正歯科治療について

矯正歯科治療と聞くと、一般的には悪い見た目の歯並びをきれいに治す治療を想像するかもしれませんが、それだけではありません。

歯並びを治すことで、口元の審美的な改善をするだけではなく、咬み合わせの機能的な側面も改善していきます。

正しい咬み合わせは、食べ物を正しく咀嚼でき消化機能の重要な役割を果たし、咬む力を正しく歯に分散させることで歯の破折を防ぎ、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせています。また、歯の清掃性を良くすること、成長期のお子様では顔の骨格の適切な成長発育を促す効果もあります。

そのような審美的にも、機能的にも最適な咬み合わせにするには、精密な検査と正確な診断、技術が必要になります。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる『出っ歯』で、上の歯が前面に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。また、唇を閉じづらく、口で呼吸をしてしまい、免疫力の低下、集中力の低下なども引き起こします。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる『受け口』で、出っ歯とは逆に上の歯より下の歯が前面に出ている状態です。下の顎が大きい場合によく起こります。うまく食べ物が咬めず、滑舌が悪くなる歯並びです。5歳からの早期治療が必要な場合があります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯だけ噛んで、前歯が咬み合わない状態のことです。発音が悪くなり、前歯でものを咬み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、むし歯や歯周病の原因になります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆って見えなくなるほど深く咬んでいる状態をいいます。咬み合わせの強い人に起こりやすく、歯に過剰な負担がかかり、将来的に歯を破折して失うリスクがあります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上下の前歯がともに前に突き出ている状態をいいます。

口元が閉じづらく、口が開いた状態になり、歯周病のリスクになります。また、口が閉じないため、口で呼吸してしまい、免疫力の低下や集中力の低下を引き起こすリスクとなります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の咬み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。咬むたびに、歯に偏った力がかかり、将来的な歯の破折のリスクとなります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、むし歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。将来的に、すき間に歯が倒れてきて、より不正な咬み合わせになり、歯に偏った咬む力がかかり、歯の破折を引き起こす場合があります。

リスクや副作用について

  • 患者様の成長や骨代謝を利用して少しずつあごや歯を動かすため、一般的な歯科治療と比べ期間が長く、数ヶ月から年単位になることがあります。
  • 通常の矯正歯科治療の場合、保険適用外のため、治療費用は全額負担となります。(保険適用となるケースもあります)
  • お口の中に装置を装着するため装置装着から数日間痛みや違和感があります。
  • 歯並びによってはむし歯や歯周病でない歯を抜くことがあります。
  • 治療後、メンテナンスの装置をしっかり使わないと、歯並びが崩れる場合があります。
  • 成長や加齢に伴い歯が少しずつ動くことがあります。(生理的な歯の移動)
  • 矯正治療期間を通じて、歯の根が短くなることがあります。
  • 歯みがきがきちんとできないと、むし歯や歯周病になってしまうことがあります。
  • でこぼこの歯並び等で歯ぐきのラインがもともと合っていないと、治療後に隣同士で歯ぐきの高さが違ってしまうことがあります。また、歯の動き方や歯みがきの程度によっては、治療前よりも歯ぐきが下がってしまう場合もあります。

矯正治療の流れについて

  1. 1

    初診の相談(無料)

    初診の相談(無料)

    まず、お電話・WEBでご予約ください。

    問診・視診などを行い、現在の症状と治療の流れ、装置の説明、費用等の説明を行います。

  2. 2

    初診の相談(無料)

    精密検査

    レントゲン撮影やお口の中やお顔の写真撮影、歯型の模型の作成を行います。当院では、より精密な審査・診断を行うため低被曝撮影が可能な最新歯科用CT装置を用いて顎顔面のCT撮影も行います。

    この検査をもとに、これからの使用する装置や治療方法など詳細な治療計画を立案していきます。

  3. 3

    初診の相談(無料)

    診断結果報告

    検査の結果をもとに、患者様に合った治療計画をたてます。

    治療方法・期間・費用・支払方法などを、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、充分に話し合って決定します。
    当院は「患者様との対話を重視」をコンセプトに掲げておりますので、ご納得いただけるまでていねいにご説明することをお約束いたします。

  4. 4

    初診の相談(無料)

    治療開始

    ワイヤー矯正などの歯に矯正装置を固定するタイプの装置では、歯面清掃を行い、装置を装着します。
    装着後、装置についての説明や、痛みについて、食事の仕方も詳しくご説明いたします。

    マウスピースタイプなどの取り外し式の装置では、装置の取り外しの練習や、取り外しの方法や使用上の注意事項などのご説明をいたします。

  5. 5

    初診の相談(無料)

    調整

    矯正治療が始まると、1〜3ヶ月に1回の間隔で通院します。
    治療期間はおおむね1〜3年程度です。患者様の症状や治療内容によって期間は異なります。

    毎回の診療時間は約45~90分程度となります。

  6. 6

    初診の相談(無料)

    装置撤去

    歯の移動が終わったら、矯正装置を撤去します。

    マウスピースの場合でも、歯に少しだけ付属の装置が付いている場合があるので、その補助装置を撤去します。
    時間は約1時間となります。

  7. 7

    初診の相談(無料)

    経過観察(保定期間)

    歯の移動させる期間(動的期間)が終了した後、必ず移動した歯を安定させる期間(保定期間)があります。

    保定期間では、主に就寝時にマウスピースを使用していただきます(日中は装置を使用しません)。3~4ヶ月毎に1回ほどの頻度でマウスピースと咬み合わせの管理を行なっていきます。保定期間はおおむね1~2年程度です。