世田谷区の矯正歯科・桜新町矯正歯科の裏側矯正

lingual

【裏側矯正(舌側矯正)のメリット】

 

・歯の裏側に装置をつけるため、周囲の方に矯正治療中であることが気づかれない・気づかれにくい

 

・表側に装置をつけているご自身の歯並びに心理的に負担がない                                      (例:笑った際のご自身の笑顔に心理的に違和感を感じずに日常を過ごせる)

 

・裏側に装置を付けているので口腔内に発生する矯正力・力学が表側に装置を付けた時と比べると異なるため、前歯をフレアーアウト(放射状に出っ歯・すきっぱの症状が助長されてしまう現象)を起こさずにコントロールできる

 

【裏側矯正(舌側矯正)のデメリット】

・治療費が高くなる傾向にある

 

・技術力が必要となるため、ドクターの技量によっては治療結果に差がでてしまう

 

onepoint! 「細部へのこだわり」

1:裏側矯正(舌側矯正)では表側矯正と比べて、ブラケットを装着するとブラケット同士の距離が短くなるため、ワイヤーが細く、よく変形してくれるものを選択する必要性があります。当院では、このように表側矯正、裏側矯正の特性を理解し、適切に装置・ワイヤーを選択しております。

 

2:装着した個々のブラケットにワイヤーをセットする際には、力が上手に伝わるようにブラケットへのワイヤーの結び付け方(結紮法)にもこだわっております。

 

3:歯が動くことによりセットしていたワイヤーエンドが飛び出してしまうことにより頬や舌に刺さってしまうことがございます。

そのような場合を想定し、ワイヤーエンドをL字型に屈曲する、ワイヤーエンドに特別な樹脂を塗布することで先端を防御しておくなどの工夫をしております。

 

世田谷区で矯正歯科をお考えの方はこちら