世田谷区の矯正歯科・桜新町矯正歯科のデジタル矯正

digital

世田谷区の矯正歯科専門医院・桜新町矯正歯科が提供するデータに基づいた統合型矯正治療とは?

/Data&Visual  Driven Orthodontics

 

これまでの矯正治療ではドクターの経験と勘が診断力や治療計画、治療結果を

左右する重要なファクターとして位置付けられておりました。

現代の矯正治療においてはデジタル設備の登場により従来の経験と勘により得られていた示唆を

データ化し、シミュレーションソフトウェア上に統合することで

矯正歯科治療のみならず、口腔外科との連携を可能としながら、

精密な診断と緻密な治療計画・安全な治療進行と明瞭なコミュニケーション・治療後のお顔立ち、歯並びの視覚化、信頼性の高い治療結果を実現させていくことが可能となりました。

 

とくにポイントとなるのは

・現在の歯並びのデータ

・歯茎の中の歯の根っこのデータ

・顎の骨のデータ

・お顔(お口元・鼻、頬)といった軟組織のデータ

・顎の運動データ

・咬みあわせる際の筋力データ

・口腔/咽頭気道容積のデータ

 

上記に挙げたようなデータを使いこなせるかどうか?が

医療としての安全性と患者様の満足度、信頼性の高い矯正治療の実現にとってなくてはならない新しい潮流となってまいります。

ご来院いただく患者様にはこれまでの矯正治療への既成概念を大きく覆す、

まったく新しい矯正治療体験になるかと自負しております。

 

point1:3Dスキャナー&3DCT

現代の矯正治療はスキャンすることから始まるといっても過言ではありません。

3D口腔内スキャナーを使用し、患者様の歯列を精密にスキャンしモニター上に再現いたします。

また、3DCTは歯の根っこの形状、隣り合う歯の位置関係、顎の骨の情報、お口元やお顔といった軟組織の情報を取得いたします。

 

point2:スマイルデザイン

お顔立ちや唇に調和した歯並びとスマイルをシミュレーションソフトにて視覚化し、矯正治療をプランニングしてまいります。

 

point3:顎運動計測装置

患者様の日常的な下顎の可動範囲(左右・前後・開閉といった位置関係)と動きの軌道(角度やなめらかさ)を計測し、

シミュレーションモデルにて再現し、分析をおこないます。

理想的な顎の位置と日常的な顎の位置との差分(ズレ)を把握いたします。

 

point4:筋電計付刺激装置

筋肉に弱い電流を流し、顎を動かした際に働く咀嚼筋の状態を測定いたします

 

point5:3Dプリンター

統合化された患者様のシミュレーションモデルから矯正歯科用の技工物およびマウスピースを院内にて

造形いたします。

 

世田谷区の矯正歯科専門医院・桜新町矯正歯科はこちらへ。